本文へスキップ

高知市百石町にある一次診療施設です

電話でのお問い合わせはTEL.088-831-5830

9:00〜11:45/13:30〜18:45 ※土曜〜16:45 木曜日午後・日曜・祝日は休診

猫の不妊・去勢手術費用の一部助成

昨年度、高知市において1454頭の猫が殺処分されています。平成22年度のデータにおいては、猫の殺処分数の人口比率で高知県は全国最悪です。このような事態を少しでも改善すべく高知県・高知市が今年度、猫の不妊去勢手術費用の一部助成を決定しました。

ネコちゃんの繁殖力は旺盛で、メスの猫は交尾と共に排卵するという特性もありあっという間に数は増えます。そして、圧倒的な繁殖力によって無計画に生まれてきた多数の小さな命には数々の不幸が待ち受けています。生まれ過ぎて飼えなくなったということで無責任に捨てられる子猫、飢餓に苦しむノラ猫、重度の感染症にかかる子猫、殺処分されてしまう猫。不幸をあげるとキリがありません。

飼い猫、ノラ猫を問わず妊娠して(させて)生まれてくる命に責任を持てないのであれば、きちんとネコちゃんに不妊・去勢手術を実施することが私達人間の責任です。ただノラ猫ちゃんに食事を与えるだけという行為は結果として不幸な猫を大量に誕生させることにつながります。食事を与える以上はきちんと不妊・去勢手術をするというのがマナーであるし、人間とネコちゃんが共生していくのに必要なことです。

当院としても不幸なネコちゃんを少しでも減らすべくネコちゃんの不妊・去勢手術に力を入れています。手術費用に対してなるべく飼い主様の経済的な負担を軽減すること、いつ捕まるかわからないノラ猫ちゃんにたいして柔軟に受け入れること、手術されるネコちゃんの負担の軽減などを考慮しつつ、積極的に多くの不妊・去勢手術に取り組んでおります。

高知県と市の不妊・去勢手術費用の一部助成の違い

 ここで県と市の一部助成の違いをかんたんに要約して表にしますので参考にしてください。詳細については各問い合わせ先をよくお読みください。高知県、高知市ともに手術前の申請で、助成金交付決定後に手術実施となります。申請、交付決定前の手術は助成対象となりません。手術後申請不可です。
 下記問い合わせ先リンクからも申請書をダウンロードできます。
 
 高知県による助成は、助成決定後に送付される補助券を動物病院に提出することで、
その場で手術費用から助成金(雌猫5,000円)が差し引かれます。
 高知市による助成は、手術終了後に手術完了報告書などの書類を市に提出後の
事後振り込みとなります。

なお、高知県・高知市による助成は現在全て終了しています。

高知県動物愛護推進協議会による手術費用の一部助成について
 対象者 県内に住む個人(1世帯1頭限り)
 助成対象猫 飼い猫又は野良猫のメスのみ
 助成金額 メス猫一頭につき5,000円、助成の併用は不可
 募集数 50頭(50頭を越えた場合は抽選により決定)
 申請タイミング 手術実施前の申請(助成決定後の手術)
 申請受付期間 平成24年9月3日〜平成24年10月31日 
 問い合わせ先  高知県動物愛護推進協議会事務局


高知市による手術費用の一部助成について
 対象者 市内に住民登録がある飼い主(1世帯1頭限り) 
 助成対象猫 飼い猫又は野良猫のメスとオス
 助成金額 猫一頭につきメス:3,000円、オス:2,000円
 募集数 先着順で予算がなくなり次第終了
 申請タイミング 手術実施前の申請(助成決定後の手術)
 申請受付期間  平成24年9月3日〜平成25年2月28日
 問い合わせ先  高知市保健所 生活食品課 動物愛護担当


桟橋動物病院桟橋動物病院

〒780-8015
高知県高知市百石町2−33−31
TEL 088-831-5830